連絡ブログ(要pass)

北辰の過去問を実施中です

新学期が始まったとはいえ、今週いっぱいくらいは学校授業は本格始動しない時期ではあります。定期テスト時期でもないこととも相まって、多めに北辰への対応を行っています。

そういうスキを狙うことで、集中的に対策を施せるのもノンカリキュラムならではだと思います。

数学って奴は

写真は、数学の『きっかけヒント』です。これだけで、90点レベルの『気付き集』だということは、数学はシンプルな科目だということです。

事実、覚えることがらは一番少ないと思います。しかもダントツで。だから、コツを掴めば点数も下がりにくい教科なのですが……なんと苦手とする人々の多いこと!

それを、しみじゅくではMOTTAINAIと説きます。

話題と反応、そして対話や事情

さてさて、人はまず、物事に接した瞬間に『話題』を判断します。

今までのことと、自分が持っている知識や知恵と、同じなのか似ているのか違うのか、判断を進めていくだけで大抵の問題は解けてしまうものです。

要するに、「これは数学のなんなの?」と、問題さんと対話をするのです。指示も材料も全てそこに書いてあるし、幸運にも解けない問題は出ない。そしてそもそも、思い出すことは限られている。

だとすれば、いったい誰なんでしょうね、お勉強を難しく考えさせているのは

私は、内部犯行説が有力なのではないかと(笑)

少なくとも義務教育レベルでは、業界の商売のご都合により、話がややこしくなっているように思う次第です。