教科指導方針

算数(楽しくなる算数)

算数は計算や図形のイメージや関連性を中心に、算数(数学)的な発想の過程を繰り返します。

数学的な発想というと、数式(計算)が思い当たるかもしれませんが、計算は数学のごく一部分でしかありません。むしろ大事なのは、論理的に考えることです。

この発想に慣れると、問題に取り組むための柔軟性が強化され、容易につまずかず、つまずいても致命傷になりにくいアタマ(考えるアタマ)になります。

国語(差がつく国語)

国語は、全ての教科の基礎となります。つまり、国語でつまずくと、たいてい全教科に影響が広がることが多いのです。教科書もテストも“国語”で書いてあるのですから、当然といえば当然ですよね。

しみじゅくの国語は、教科書から完全に離れます。理科や社会の説明といってもいいような、自然科学系のことがらを題材とした教材を用いて、読解の基礎をていねいに練習していきます。

英語(希望者のみ、応相談)

英語は、中学英語に乗り遅れないことをまず念頭に置きます。会話フレーズよりも文法的な解釈の仕方を大事にします。言語としてのリズムを意識的に採り入れ、日本語との比較を多用します。そうして、【日本語が母国語の日本人として考える感覚】を伝えていきます。

英語に関して、保護者のニーズは多いものですが、“教科”ではないということから、しみじゅくではあまり重要視していません。できるには越したことはないのですが、だったら、小学生のうちから中学校で習う漢字や、文字式、連立方程式なども、マスターさせますか?

意外と、全体から冷静に考えるとキリがないことが多いのです。

やるならやる、やらないならやらない。その“取捨選択の妙”がしみじゅくの一貫したスタンスです。