授業の特徴

小学生通常

授業1コマ45分を2コマ+休憩10分(拘束時間100分/日)

特徴

講師1~2名で受け持ちます(クラスは最大でも6名程度)。中学で困らないために、基本事項の反復を中心に据えます。一言で言うならば【センスと理屈のいいトコ取り】、とでも表現すればよろしいかと。

「このくらいできなくちゃ」と、とかくその都度の完璧を求める保護者の方は多いのですが、その発想は中長期視点で、無駄が多いということを語る関係者は、建前上きわめて少ないと感じています。。

「すべてを今」じゃないと、ダメなのでしょうか。今できることの定着を大事にしたいので、後でも大差ないことは、後でよいと考えています。

しみじゅくで大切にしているのは、

  • 取捨選択というメリハリ
  • 思考のスピード感

です。小学生の学習項目は、大人にとってはどれも簡単なことかもしれませんが、明らかに、幹と枝葉に分かれています。もし、全ての学習項目を同列に扱ってしまうと、ヒトの強みである思考力を育てることはできません。

さて、日々の学習というものは、子どもにとっては自分の可能性という未開の地を切り開く、毎日が開拓の連続です。そもそも人には得意と苦手があるものですから、多少の枝葉くらい気にしないでおいてあげると、逆に長期にわたりヤル気が続いたりします。それが、継続は力なり、まさにそのものでしょう。

そして、誤解を承知でもうひとつ。中学受験をしないのであれば、小学校の成績は、家庭内以外の何にも影響しません。

もちろん、ものには程度と限度がありますし、「出来なくてよい」などとは思いません。「出来たほうが良い」のは紛れもなく確かです。

でも、しかし、それでも、『自分の意思で着実に積み重ねる』ことのほうが、『据え膳を力ずくで詰め込む』ことよりも、子どもに付加価値を与えるのではないかと、考えています。 やはりここでも、知識バカ養成の片棒は担ぎたくありません。